米国特許商標庁は、2011 年6 月23 日に下院で特許法改正案が可決されたことを受け、施行に向けたパブリックコメントの募集を非公式に開始した。

今回の改正案は大規模なものであり、最終的に法案が成立してから施行までのタイムスケジュールがタイトであることから、早い段階での周知とコメント収集を目的としたもの。法案が正式に成立する前からの意見募集であり、改正案の成立可能性の高さを示すものである。

なお、意見募集は以下のトピックスごとに分かれて行われている。

・Patents

・Board of Patent Appeals and Interferences(BPAI)

・Fees and Budgetary Issues

・Congressionally-Directed Studies and Reports

・Miscellaneous

http://www.uspto.gov/patents/init_events/aia_implementation.jsp

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。