自ら公開し、その後に特許出願する場合、韓国で新規性喪失例外の適用を受けるためには、出願時にその旨を記載し、出願日から30 日以内に証明書類を提出しなければならない。

出願番号2006-56030 のこの案件は、出願時に新規性喪失例外の適用の旨を記載せず、その翌日に証明書類を提出したところ、特許庁及び特許審判院において、新規性喪失

の例外の適用を受けられなかった案件である。

これについて、特許法院(日本の「知財高裁」に相当)が新規性喪失の例外を認めたが、最終的に、大法院(日本の「最高裁判所」に相当)において再び否定された。

韓国で新規性喪失例外の適用を受けるためには、その旨の記載時期について注意すべきである。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。