米国議会上院と下院は、それぞれ圧倒的多数で特許法改正案(H.R.1249、S.23)を既に可決している。

上院は、両法案の妥協点を探るとういう選択肢を採らず、既に可決した上院案S.23を破棄し、下院案H.R.1249(必要なら修正を加えて)を上院にて9月6日に採決する予定である。下院案が上院で

可決されると、大統領がサインすることで法案として成立する。本号の月間ヴォイスが発行される頃には、法案が可決され成立しているものと思われる。なお、法案成立後の施行時期は規定によって異なり、先願主義への移行は法案成立の1年半後、登録後レビュー手続は法案成立の1年後、とされている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。