49 回目のWIPO の総会がスイスのジュネーブで開催される中、米国特許商標庁( U S P T O )とフィリピン特許庁(IPOPHIL)の両長官は、技術の革新や伝授等を促進するにおいて両国間で協力する旨の同意書にサインした。

本同意により、両国の大学や政府研究機関の間における特許情報の利用及び技術伝授の活発化が期待される。IPOPHILは引き続き、EPOやWIPOとの間の二者間協力についても今後進めていくという。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。