2011 年9 月12 日、欧州連合理事会は音楽録音物に係る実演家及びレコード製作者の権利についての存続期間を50 年から70 年に延長する指令を採択した。

延長の背景としては、実演家が全般に若い頃に活動を始めるため、生涯にわたる保護を受けられない点が挙げられてい

る。EU 加盟国は、今後2 年以内に新しい規定を国内法に組み込むことが要求されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。