2011年11月1日より日中特許審査ハイウェイの試行プログラム実施。

中国国家知識産権局(SIPO)と日本国特許庁(JPO)との間の特許審査ハイウェイ試行プログラムが実施されるようです。

日本からの中国への出願の場合、(1)日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ、(2)日本国特許庁のPCT国際段階成果物を利用した特許審査ハイウェイが利用できるようです。

国内出願の審査において、特許可能と判断された請求項がある場合、国際出願の国際段階において、国際調査機関が作成した見解書(WO/ISA)、国際予備審査機関が作成した見解書(WO/IPEA)及び国際予備審査報告(IPER)のうち、最新に発行されたものにおいて特許性(新規性・進歩性・産業上利用可能性のいずれも)「有り」と示された請求項がある場合には、所定の要件を満たせば特許審査ハイウェイを申請できるようです。

詳細は、下記リンクをご参照下さい。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/patent_highway.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。