2011年10月24日、欧州共同体商標意匠庁(OHIM)は同庁に係属する当事者系の審判手続を対象として、和解のための調停サービス(mediation service)を開始した。

年間約2,500件、平均係属期間1.5年とされる審判部取扱案件について、この調停サービスが訴訟と比べて早期かつ低額な代替案を提供するとOHIMは説明している。なお、調停人のチームはOHIM各部から選ばれたメンバーで構成されるが、調停不成立となっても、調停人は案件に対する決定権を有さない。調停に関する庁費用は、アリカンテ庁舎で行う場合は無料だが、ブラッセル庁舎で行う場合は750ユーロとされている。

OHIMのウェブサイトでは、FAQや紹介ビデオなどと共に調停サービスの詳細に関する情報が提供されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。