2011 年10 月25日、米国特許商標庁(USPTO)と欧州特許庁(EPO)は、両庁での導入を計画している特許分類体系に関する情報を提供するためのウェブサイト(www.cpcinfo.org)の開設を発表した。

この特許分類体系は、Cooperative Patent Classification(CPC)と呼ばれており、USPTOで使用されているUSPCと、EPOで使用されているECLAとの調和を図ることが目的とされている。

CPCは、その大部分をECLAとベースとしつつ、国際特許分類(IPC)に準拠させることが予定されている。そのため、特許調査の効率化に繋がることが期待されている。なお、両庁発表のプレスリリースによれば、新しい特許分類体系の利用開始予定は2013年1月1日。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。