韓国特許庁は、2011 年3/4 分期の知的財産権関連の統計を発表した。

出願件数において、特許と商標の場合は増加したが、意匠と実用新案の場合は減少した。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。