特許庁から「日中韓特許庁における審査実務に関する比較研究」が発表されました。

12月16日に、「日中韓特許庁における審査実務に関する比較研究」が特許庁ホームページに掲載されました。これは、「進歩性に関する比較研究報告書(JPO-KIPO-SIPO)」と題され、日中韓特許庁の各庁が、進歩性を評価し、その評価結果を踏まえて行った議論の内容をまとめたものです。

詳しくは、下記ページをご参照ください。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/kokusai/kokusai3/nicyukan_hikakuken.htm

なお、日中韓特許庁は、2012年には新規性の法令・審査基準の比較研究及び事例研究を行う予定のようです。

また、日米欧三極特許庁は、すでに記載要件、進歩性(非自明性)及び新規性について比較研究し、その結果を公表しています。下記ページもあわせてご参照ください。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/kokusai/kokusai3/nicyukan_hikakuken.htm

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。