日本-韓国間は、2007年4月1日から特許審査ハイウェイ(以下「PPH」という)がスタートされている。

日韓PPHによると、一定の要件を満たす出願について、韓国での優先審査制度、日本での早期審査制度を利用することができる。
また、2009年7月1日から日韓PPHの対象を拡大して、ダイレクトPCT出願(優先権主張を伴わないPCT出願)も日韓PPHの対象に含まれることになった。
さらに、2011年12月15日の日韓特許庁長官会合では、日本-韓国間でのPCT-PPHについて、今年上半期中に締結する方向で調整することに合意した。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。