韓国で小売に対して商標登録出願をするときは、役務の名称を「○○小売業」にしていたが、今年からは「デパート業」、「スーパーマーケット業」、「コンビニエンスストア業」などの総合的な名称で商標登録出願が可能となる。

これにより、例えば貴金属小売業、カメラ小売業等、小売の対象ごとに商標登録出願をしていた弊害が改善されると思われる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。