2012 年2 月1日より、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国においてロンドン・アグリーメントが発効する。

これにより、欧州特許の国内移行時における翻訳文の要件が緩和される見込みだが、欧州特許庁のウェブサイトでは後日に詳細を公表するとしている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。