米国特許商標庁は、2011年12月中旬、優先審査(トラックI)と、環境技術関連を対象とする早期審査とに関する施策を相次いで公表した。

2011年9月の特許改正法により導入された優先審査(トラックI)については、新たに継続審査請求(RCE)がされた出願も対象に含まれることとなった。
また、環境技術関連を対象とする早期審査(Green TechnologyPilot Program)については、2011年12月末までとされていた試行プログラムの期限が、2012年3月30日まで又は申請が認可された出願が3,500件に達するまでに変更された。なお、この試行プログラムは2009年12月の開始以降、2,900件以上の申請が認められ、申請の認可から最初のオフィスアクションまでの平均日数は78日となっている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。