最高人民法院が、2011年12月20日に「知識産権審判職能作用を十分に発揮させ、社会主義文化大発展大繁栄を推進させ、経済自主協調発展を促進させることに関する若干問題の意見」を発表して、インターネット著作権の権利侵害判断ルールについて明確にした。

詳細な内容について、弊所HPをご参照頂きたい。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。