2012 年2 月11日、国際的な商標分類に関する取り組みである「EuroClass」プロジェクトにスロベニアと米国が新たに加わり、参加国数は25となった。

EuroClassは、各国間で相違する分類の違いに焦点をあてたものであり、指定商品・役務に使用する文言を決めるための参考として、データベース的にも利用されている。なお、欧州共同体商標意匠庁(OHIM)の発表によれば、近日中に世界知的所有権機関(WIPO)のデータベースにもEuroClassが組み込まれるとされている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。