2012年2月、欧州特許庁は、近年取り組みに力を入れている機械翻訳について、日本特許庁及び米国グーグル社のそれぞれとの協力に関連する発表を行った。

日本特許庁との協力は、日本語から英語・ドイツ語・フランス語への機械翻訳を対象とする合意に関するもので、欧州特許庁ウェブサイトで提供されているデータベース「Espacenet(エスパスネット)」の範囲と質の向上に繋がるとされている。

また、米国グーグル社との協力は特許文献向け機械翻訳「patent translate」として、既にエスパスネット等のデータベースでサービスの提供が開始されている。現在は英語を含む欧州の7言語だが、2014年末までには日本語、中国語なども対象にするとされている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。