「専利標識表記弁法」が国家知識産権局の局務会議にて採決され、2012 年5 月1日から施行されることになった。

ここで「専利標識」とは、特許、実用新案又は意匠の出願番号又は登録番号のことをいう。

該弁法によると、専利出願について権利付与前に、出願番号を商品等に表記するときには、「専利出願であり、まだ権利付与されていない」との表記を併記することとなっている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。