マカオ「著作権及び関連権利の制度」の改正案が、2012 年2月29日にマカオ立法会で可決され、2012年6月1日より施行されることになった。

今回の改正は、「著作権に関する世界知的所有権機関条約」及び「実演及びレコードに関する世界知的所有権機関条約」への国際的ハーモナイゼイションを図ることにあり、改正内容には主に以下の3項目が含まれる。

1. 専有権保護の強化

2. 著作権保護と公衆利益のバランスの調整

3. 処罰制度の完備

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。