国家工商行政管理総局は、2003年から現行商標法の第三次改正に取り組んでおり、2011年には改正案を公開し、意見募集を行った。

2012年4月10日のプレスコンファレンスによると、商標法第三次改正案では、以下の内容が主に議論されたという。

1. 異議申立人が、抵触する権利を有する者及び利害関係人に限られる。

2. 損害賠償額が、現在の50万元から100万元に調整される。

3. 1 商標多区分で1出願することが可能となる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。