オーストラリアの特許法改正案が、2012年4月15日に成立した。

施行は、一部即日施行規定(research exemption provisions)を除き、2013年4月15日となる予定で、それまでに規則も改正されるという。

今回の改正内容のうち出願実務関連では、「進歩性の判断基準の引き上げ(日米欧に近くなる)」や「Modified Examinationの廃止」などが含まれている。このように特許性の判断基準を上げる内容を含むため、係属中・未審査の出願については現行法の適用を受けることが出来るように、施行前の審査請求が望ましいと考えられる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。