2012年3 月21日に施行された改正迅速審判制度により、特許紛争関連の審判事件も迅速審判の対象となった。

これに関し韓国特許審判院は、法院又は貿易委員会に係属している特許紛争に関連する審判事件ついて、4か月以内(又は6か月以内)に処理するという。

★記事詳細は、弊所ウェブサイト・お客様専用サイトの「気の向くままに~海外特許の雑記帳~」をご参照ください。

お客様専用サイト

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。