2012年4 月19~20日、特許法のハーモナイゼーションを協議する第2回Tegernsee会議がミュンヘン近郊で開催された。

会議は日米欧に加えて欧州諸国の特許庁からの代表を集めて開催され、今秋予定の次回では、「グレースピリオド」、「18ヵ月での出願公開制度」、「秘密先願(拡大先願)」、「先使用権」に関する研究の進捗状況が、専門家グループから報告されることとなっている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。