日本国特許庁は、韓国特許庁との間で2007年4月から特許審査ハイウェイ(PPH)の試行プログラムを実施してきたが、2012年7 月1日よりPPHを申請できる対象案件を拡大することに合意した。

これまでは、日本国特許庁又は韓国特許庁における国内審査で特許性があると判断された出願に基づいて、PPHの申請が可能であった。今後はこれに加えて、PCT出願のうち、国際調査機関又は国際予備審査機関として日本国特許庁又は韓国特許庁が特許性を有するとの見解を示した場合も、その見解に基づいてPPHを申請することが可能となる。

これにより、日本国特許庁を受理官庁とするPCT出願については、世界の特許出願件数の約8割を占める日米欧中韓の五大特許庁のいずれとの間においてもPCT-PPHプログラムが利用可能になる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。