世界知的所有権機関(WIPO)へ加入書を寄託したことにより、ブルネイ・ダルサラームとパナマが特許協力条約(PCT)の加盟国となる。

両国での発効日は、ブルネイ・ダルサラームが2012年7月24日、パナマが同年9月7日。これにより、発効日以降のPCT出願は自動的に新規加盟国の指定を含むことになる。

両国の加盟により、PCT加盟国数は146となる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。