2011年秋に採択されていた特許協力条約(PCT)の規則改正が、2012年7月1日に発効した。

今回の改正では、次の2点が注目される。

  • 規則34国際調査の最小限資料に、英語の要約が利用できる範囲で中華人民共和国の特許文献を追加
  • 新規則82の4不可抗力の場合の特定の期間が遵守されなかったことによる遅滞の許容
※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。