商標の使用証明に関して追加的な要件を定める最終規則及びパイロットプログラムが2012年6月21日に公表された。要点は以下の通りである。

  1. 米国特許商標庁(USPTO)が、追加的な使用証明、宣誓書、デクラレーション、証拠を含むサポート書類の提出を求めることが可能になった。
  2. 使用に関する正確性を確認する為に2年間のパイロットプログラムを開始。無作為に約500件の登録商標を抽出し、使用証明を求める通知を発行する。
※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。