マレーシア国内取引・協同組合・消費者省は、特許法の改正を段階的に進める方針を決め、2012年6月にマレーシア特許庁より、特許法改正案が発表された。

今回の改正案は、段階的な改正の最初の段階となるもので、主に特許手続き上の微生物の寄託の国際的承認に関するブタペスト条約と、公衆の健康に関するTRIPS協定改正(31条の2)に焦点を合わせようとするものである。改正の第二段階は、主に特許手続き上の問題を取り扱い、これは2013年に行われる予定である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。