2012 年8 月14 日、米国特許商標庁(USPTO)は改正法(AIA)について下記の7項目に関する最終規則等を公表した。

2012 年8 月14 日、米国特許商標庁(USPTO)は改正法(AIA)について下記の7項目に関する最終規則等を公表した。

・宣誓又は宣言書

・当事者系レビュー、付与後レビュー(異議申立)、保護されたビ

ジネス方法特許のための暫定プログラム

・補充審査

・Patent Trial and Appeal Board(PTAB)における実務及び

PTABの決定に対する出訴(Judicial Review)

・保護されたビジネス方法特許のための暫定プログラム

-保護されたビジネス方法特許と技術的発明の定義

・庁における特許審判(Office Patent Trial)の実務ガイド

・補充審査及び再審査のためのコスト計算

なお、最終規則では、当初の規則案からの変更が少なくないため、AIAに関するUSPTOのブログでは「規則案と最終規則の間で特定される変更点のトップ10」と題して、宣誓又は宣言書の提出期限の変更、当事者系レビュー・付与後レビューの庁費用、答弁書提出期間の変更等について解説が加えられている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。