2012年9 月16日、当事者系レビュー等の新制度に関する庁費用の導入とあわせて、査定系再審査の大幅値上げが行われた。

また、10月5日には消費者物価指数に応じた庁費用の調整が行われている。

なお、2012年9月6日には、料金体系の変更を含む料金改定案も公表され、2013年春までの施行が予想されている。

※詳しくは、弊所ウェブサイト・お客様専用サイトの「気の向くままに~海外特許の雑記帳~」をご参照ください。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。