タイ王国議会は2015年までにマドリッド協定議定書へ加盟することを目指し、タイ王国の同議定書加入を承認した。

これにより、タイ王国では商標法改正、そして批准書の寄託を経て早ければ2014年にも加盟が実現する。現在は、商標法改正案のレビューが行われており、レビュー完了後改正案立法手続、批准書の寄託に進むとみられる。

なお、東南アジア諸国連合(ASEAN)の商標調和計画では、加盟国の2015 年までの同議定書加入が求められており、加盟に向けた国内法の整備を進めているマレーシアをはじめ、ASEAN諸国の同議定書への加盟が今後も続くとみられる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。