日本国特許庁は、2011年11月1日より1 年間の期限で行われていた中国特許庁との特許審査ハイウェイを1 年間延長し、2013年10月31日まで試行すると発表した。

なお、試行期間は必要に応じて再度延長される予定である。

試行期間延長に伴い、申請手続の簡素化も図られ、申請に必要な書類の提出が一部不要となった。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。