既報のCLS Bank International v. Alice Corporation Pty. Ltd.に関する連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判決について、2012年10月9日、大法廷(en banc)での再審理が決定した。

再審理において提起される問題は以下の通り。

1. コンピューターにより実施される発明が“ 抽象的アイディア”であるか否かを決定するために用いられるべきテスト;また、もしあれば、クレームにおけるコンピューターの存在が保護不適格なアイディアを保護適格にする場合とは。

2. 法101条においてコンピューターにより実施される発明の保護適格性を検討する際、発明が方法、装置、又は記憶媒体のいずれとしてクレームされていることが影響すべきか;そして、これらのクレームが101条の趣旨に相当することがあるか。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。