2012年10月17日、いわゆる第二医薬用途発明に特許を付与することを不可能とする法案(No.2511/07)をブラジル議会の専門委員会が却下した。

現地からのコメントによれば、既知物質の新たな医薬用途についての発明(第二医薬用途発明)に対して特許の付与を認めないことは、特に医薬分野において、発明の保護に関する憲法上の目的に反するものであるとの議論が委員会であった模様である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。