中国・国家知識産権局は職務発明者の保護を強化し、知的財産権の運用を促進するため「職務発明条例草案」を公布し、2012年11月12日から12月3日までパブリックコメントを募集した。

現在、専利法及び専利法実施細則において職務発明が規定されているが、それらはあいまいで実用性が低いことから、今回の条例草案が提起されたとみられている。

本草案では、機関又は組織の業務に関わる発明を行った場合、機関又は組織に対し報告し、かつかかる発明が職務発明か否かの意見提出を要する発明報告制度が新設されているほか、職務発明の奨励と報酬などについても規定されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。