ハーグ協定ジュネーブアクト、特許法条約(PLT)の実施に必要な特許法改正を含む「特許法条約実施法案(S. 3486: Patent Law Treaties Implementation Act of 2012 )」が上下両院を通過、2012年12月18日の大統領署名により成立した。

今回の改正により、特許については、所定の要件を満たすことでクレームを提出せずとも本出願(Non-provisional Application)の出願日確保が可能になるなど、PLTの実施に必要な改正が行われる。また、意匠(Design Patent)については、ハーグ協定の実施に必要な改正とあわせて、「登録から14年」とされていた存続期間が「登録から15年」に改正される。

なお、ハーグ協定関連部分については大統領署名から1年後または同協定の米国での発効のいずれか遅い方、PLT関連部分は署名から1年後に施行される。

[参考:改正概要、条文等(英語)]
S.3486 – Patent Law Treaties Implementation Act of 2012 | Congress.gov | Library of Congress

(注:過去の記事では”Hague Agreement”を「ヘーグ協定」と訳出していましたが、日本特許庁による訳語の表記変更にあわせて、「ハーグ協定」と表記しています。)

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。