2012年11月30日、単離DNAに関するクレームの保護適格性が争われているAssociation for Molecular Pathology(AMP)v. Myriad Genetics, Inc.について、最高裁は審理を決定した。

事件の経緯は次の通り。2011 年7 月29日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)が、Myriad社の単離DNAクレームの保護適格性を認めた。これに対して上告がなされ、最高裁は、Prometheus最高裁判決を考慮して、本件を再審理するようにCAFCに事件を差し戻した。2012年8月16日にCAFCが単離DNAクレームの保護適格性を再度認めた後、再び上告されていたところ、最高裁が審理することを決定した。

この決定により、遺伝子特許の保護適格性が検証され、最高裁の判断が示されることになる。

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。