2012年12 月、中国国家知識産権局(SIPO)は「中国実用新案専利制度発展状況」をウェブサイトにて紹介した。

これによれば、中国における実用新案の出願件数は、1997年は5万件に過ぎなかったが、2011年には10倍超の58.5万件と急激に増加したとされている。

また、実用新案の登録件数は、2002年には5.7万件であったが、2011年には7倍超の40.8万件まで増加している。中国の実用新案は実体審査を経ずに登録されることから、その有効性を疑問視する見方もあるが、無効審判件数は、2002年の756件に対して、2011 年はその2 倍に満たない1,323 件に留まっており、無効審判件数の割合(無効審判件数/登録件数)は2002 年の1.31%から、2011年には0.32%へと低下している。このことから、現時点では、実用新案の有効性が実際に争われるケースは多くないことがわかる。

※詳しくは、お客様専用サイトの「気の向くままに~海外特許の雑記帳~」をご参照ください。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。