2012年10月、中国国家知識産権局(SIPO)は、「中国知識産権司法保護紀実」をウェブサイトにて公表した。

下表の通り、地方人民法院が知的財産権に関する民事一審案件を受理した件数は、2008年から2011年までに約2.4倍になっていることがわかる。これに対して、判決数も毎年同程度の割合で増加を続けており、2011年において受理数に対する差は2%以下の1,400件程度に収まっている。そのため、訴訟件数の増加が続く中でも顕著な滞貨の累積は発生しておらず、処理は順調に進んでいるものと考えられる。

地方人民法院の知的財産権関連  民事一審案件の受理数 民事一審案件の判決数
 2008 年(前年比)  24,406(37%増)  23,518(35%増)
 2009 年(前年比)  30,626(25%増)  30,509(30%増)
 2010 年(前年比)  42,931(40%増)  41,718(37%増)
 2011 年(前年比)  59,612(39%増)  58,201(40%増)
※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。