2012 年12 月28日、全国人民代表大会の常任委員会は最新の商標法改正案を発表し、意見募集を2013 年1 月31 日まで行った。

改正案の主な内容は以下の通り。

1.“ 音”、“ 単一色(ただし、識別性の証明が必要)”が商標の対象となる

2.一出願多区分を許容する

3.商標局の「審査意見書」発行後30日以内の意見書提出又は補正を認める

この他、改正案は異議申立制度、馳名商標、商標権侵害における罰金、使用許諾の届出、使用の定義など多岐に渡る改正項目を含んでいる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。