欧州特許庁(EPO)はウェブサイトにて、現行規則におけるEPC規則36の有効性及び影響について情報を集めるべく4月5日まで意見募集を行った。

分割出願に係るEPC規則36は、EPOにおける係属期間の引き延ばしとして分割出願が濫用されることを避けるため、2010年に改正され24ヵ月の分割出願期限が設けられた。この改正についてはユーザーから懸念、批判が寄せられているほか、運用における問題も指摘されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。