2013年3月16日、米国特許法改正(AIA)のうち、最も注目されていた「先願主義」への移行が施行された。

米国特許商標庁(USPTO)は、ウェブサイトにて2013年3月19日までの1年間の出願件数推移のグラフを公開した。それによれば、先願主義への移行が施行された3月16日直前には本出願(非仮出願)の件数が通常の約7倍まで急増した。

また、仮出願の件数は本出願以上の急増を示しており、AIAにより拡大された引例の範囲を回避できる余地を確保するために、駆け込み出願が極めて多かったことがわかる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。