2013年4月9日、ブラジル特許庁(INPI)は、公的医療制度に関連する薬剤及びプロセスをカバーする特許出願について優先審査を規定する規則を施行した。

これにより、出願人、若しくは保健省を含む利害関係者は以下の場合に優先審査を申請することができるようになった。

  1. 保健省は、公的支援に係り、ブラジルの健康管理制度に対し戦略的と考えられる医療の製品、プロセス、道具、材料に関する出願について申請できる。
  2. 出願人及び第三者は、AIDS/HIV、癌、さらに特許庁が発表したリストに記載されたシャガス病、マラリア、結核などの病気に関する出願について申請できる。

【関連記事】
知財トピックス(その他各国情報)[特許/ブラジル] ブラジル特許出願の審査早期化について2つの新たな施策が開始される 2016-03-09
知財トピックス(その他各国情報)[特許/ブラジル]ブラジル特許庁、早期審査に関する「グリーン特許パイロットプログラム」の試行期間を延長 2014-06-20

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。