欧州単一効特許の枠組創設に向けて用いられた欧州連合の制度である「強化された協力(Enhanced cooperation)」に関する2011年のEU理事会決定の無効を求めて、イタリアとスペインは欧州連合司法裁判所(CJEU)へ提訴していたが、2013年4月16日、CJEUはその訴えを棄却した。

今回のCJEUの判決により、欧州単一効特許及び統一特許裁判所の創設に障壁となりうる懸案が、また1つ解消されたと言える。既報の通り、2012年12月にEU理事会と欧州議会は欧州単一効特許及び統一特許裁判所に関するパッケージを承認しており、イギリス、ドイツ、フランスを含む少なくとも13カ国が批准することで、早ければ2014 年初めにスタートすることが期待されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。