2013年5月13日、米国最高裁判所は、正当な販売後の特許種子について特許権の消尽が認められるかが争点となっていた事件で、農業従事者が購入した特許種子を特許権者の許可なしに蒔き、収穫を通して増殖することについて消尽を認めないとする判決を下した。

Bowman v. Monsanto Co. (Supreme Court 2013)

本事件は消尽論の適用範囲に影響を与える可能性があるとして注目されていたが、これまでのところ、現地では判示の射程は限定的との見方が多い。

 

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。