米国最高裁判所は、2013年6月13日に、「天然に存在するDNA断片は、自然の産物であるから、単に単離しただけでは特許適格性を満たさないと判断しました(Association for molecular pathology et al. v. Myriad genetics, Inc., et al.: Sup Ct. June 13, 2013)。

日本で特許され得るモデルクレームについて、複数の米国代理人と協議した上で、特許適格性を満たす補正案を検討しました。

※続きは弊所お客様専用サイトでご覧頂けます。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。