2013年6月13日、遺伝子関連特許の保護適格性が争われていたMyriad 事件において、米国最高裁判所は、単離DNA(isolated DNA)は保護適格性を満たさないとする判決を下した。

Association for molecular pathology et al. v. Myriad

genetics, Inc. (Supreme Court 2013)

同判決において、最高裁は、単離DNAは自然発生的(naturally occurring)な物であり、単離されているか否かに関わらず特許法101条の保護適格性を満たさないと判示した。その一方で、相補的DNA(cDNA)は非自然発生的(non-naturally-occurring)なものであることを理由として、同条の保護適格性を満たすと判示した。

なお、米国特許商標庁(USPTO)は、同日付の審査官向けメモランダムにて、判決内容に沿った審査を指示している。

※詳しくは、お客様専用サイトの「気の向くままに~海外特許の雑記帳~」をご参照ください。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。