欧州特許庁(EPO)は、審査経過情報閲覧サービス(European Patent Register)にて、欧州特許出願の”調査開始日(Search Stating Date)”と”審査開始日(Examination Stating Date)”の公表を2013年6月28日より開始した。

欧州特許出願では、調査又は審査の開始前に放棄、拒絶又は拒絶とみなされた場合に所定の庁費用を払い戻すことが規定されている。過去の審判部による決定を受けて、新たに”調査開始日”と”審査開始日”を具体的に規定すると共に公開することで、EPOは調査・審査手数料払戻しを的確に運用することが可能になると考えられる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。