中国最高人民法院は、敗訴者の判決不履行という課題を解決すべく、各地方裁判所が判決の執行を拒む被執行者をリストに登録し、そのリストを定期的に公開する旨の司法解釈を公表した。

本司法解釈では、リストに記録されるべき被執行者として、証拠偽造、暴力、威嚇などの方法で執行を妨害、拒否する者などが挙げられている。また、各政府機関、金融機関などにもリストが送られること等も規定されているが、被執行者が義務を履行した場合は、そのリストから削除される。本司法解釈は、2013年10月1日より施行される。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。