米国特許商標庁(USPTO)は、ミーンズ・プラス・ファンクションのクレーム限定について、2011年1月に公表された審査官向けガイドラインを補足すること等を目的とする新たな審査官向けガイダンス及びトレーニング資料を公表した。

今回公表された資料の1つは、「35 USC 112(f) – “Means-plus-function” limitations」のセクションにおいて”Making the Record Clear”と題されており、審査段階においてクレーム解釈を明確にすることを審査官に求めている。

【出典】米国特許商標庁「Examination Guidance and Training Materials

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。